ブランディング事例

企業ブランディング

病院撮影
本質デザイン
「そのまま伝えるデザイン」

店舗や事務所、自宅にある水槽デザインから、講師として講演依頼、映画で使用される水槽のディレクションなど今や名実とも関西一のオーシャンプロデュース様。



クオリティの高い水槽メンテナンス、デザインをしているつもりですが、それを伝えるツールが何も無いとのご相談でした。ホームページもあるけど格好悪いから誰にも言っていない、言いたくない、封筒もどこにでもある封筒でなんかこの封筒で送りたくないと自社の外に出すツールにお悩みでした。



カルティエの時計が白のビニール袋に入っているでしょうか?素晴らしいものづくりをしていても、それをキチンと伝えるツールは必ず必要です。今回の提案は、既に高いレベルでモノづくりをされているからこそ、あとはその背中を軽く押すようなイメージでデザインを考え、一つでも多くのいい所を伝えるコトに注力しました。

ロゴデザイン

<CI設計>

ロゴは以前使われていたロゴをベースにリデザインしました。当初全部一からイメージを変えたいという意見もありました。
ロゴは時代の流れと供に多少の変化は必要ですが、企業が続いて来た限り伝統・歴史があるので
全く新しいものには変えない方が良いということをご説明しました。
高級ホームページ

<ウェブサイト制作>
封筒デザイン

<名刺&封筒>
「魚が元気に泳ぐという本質的な写真」

水槽メンテナンス、デザインをされている魚は絶対元気である。元気ではない魚であれば水槽メンテナンス出来ていないのではないかという本質を考えた撮影です。魚の元気よさ、躍動感を伝えるコトでメンテナンスのおかげで魚が元気で入れるんだというコトを考えた撮影です。



そして、やはりきちんと伝えなければならないコトは実績。この実績の見せ方で大きく左右されます。



その中でも写真撮影はとても大切なウェイトを占めております。いくらコンセプトが面白くて文章も良くて、フライヤーのレイアウトも良い。しかし写真が良くないと全体が締まらない。どの要素もそうなのですが、その中でも写真の重要度のウェイトは大きい。撮影を全部自社で行っているのはそれだけ大事と考えているからです。

水槽撮影

<写真撮影>
水槽アート

<写真撮影>
空間写真撮影

<写真撮影>
人物写真撮影

<写真撮影>
モノ撮り

<写真撮影>



スタッフ写真撮影

(オーシャンプロデュース 田浦社長)
「今までは何だったのか。」

ホームページリニューアル後、SEO対策も講じ、雑誌やテレビなどからの取材のオファーやホームページからの問い合わせは約400%UP。水槽取り付けも何ヶ月待ちという行列が出来るようになりました。



クライアント様はクオリティに徹して頂く。当社はそのクオリティをどう見せるかに徹する。その為に僕達は存在します。
アウトプットの仕方一つで企業は更に大きく次のステージに登る。そんなことを感じたプロジェクトでした。


●制作内容

ロゴ/ホームページ/封筒/名刺/写真撮影

まずはお気軽にご相談ください。

正しく価値を伝えるためのブランディングデザイン。価値が伝わらないのは大きな機会損失です。まずはお気軽にご相談下さい。

Copyright(c) All 株式会社桶屋. All rights reserved.