Thinking / 中小企業のブランディングデザインとは

成功する老舗企業のブランディングデザインについて考えてみる。

老舗企業の世界観をつくる。それが桶屋のブランディングです。



時代を超えて続く理由。
株式会社桶屋のクライアント様は多種多様。
地域の工務店さん、お菓子メーカーさん、お麩メーカーさん、化粧品メーカーさん、傘の製造メーカーさん、
美容室さん、洋菓子屋さん、珍味屋さん、歯科医院さんなど業種関係なくお手伝いさせていただいております。



中には社長代替わりをして心機一転リブランディングをされる方や、
創業100年に向けて永続する企業づくりというお考えの方もいらっしゃいます。
株式会社桶屋のクライアント様は平均すると創業60年と比較的老舗の中小企業様が多く感じます。




その中でも成功する・失敗するというベクトルでものを考えると、ある一つの共通点に辿り着く。
それは何かと申しますと「変化する」ということ。恐れずに変化してきたということ。
創業に歴史があるということはそれだけ文化という根っこが地中に根付いている。
その根っこが邪魔をして変化を拒み出すと、直々崩壊への道を進んでいると感じる。



株式会社桶屋は比較的老舗企業のブランディングの特化しており、
歴史の中に隠れた値打ちを発見し、今受け入れられる形へ変化させる事が得意です。
せっかく良いものを持っていても奥にしまっておいては意味がありません。
またそれに似合う良いデザインを纏わせ、狙っておるターゲットに好かれるデザインでなくてはなりません。



変化は確かに恐怖です。しかし吊り橋はいつかは崩壊します。
全ては「創造」→「維持」→「破壊」の繰り返しだとブッタは言いました。
新しいものをつくり、それを維持し、終わりが来れば破壊し、新しいものをつくる。



数千年も変わらぬ変化の原理原則



国内のある集落の遺跡の地層を見に行った時のことです。
土器のデザインが100年に一度のペースで微妙に変化しているのです。
1、新しいデザインの土器が作られる→
2、そのデザインの土器が流行り出し、しばらくそのデザインが使われる→
3、その土器の一部を踏襲した斬新なデザインの土器が出てくる
何千年も前から人間の行動パターンなど同じなのです。
つまりこの原理原則に従うと生き永らえるということなのです。



ただし、全てを破壊するということではありません。
良いものを継承しながら、新しいものを生むのです。
この塩梅こそがが企業ブランディングで非常に難しく、大切です。
古民家再生で大切な柱までをリノベーションする輩がいますが、それと全く同じで
残すべきものはしっかりと残さないと一度崩壊させるともう元には戻りません。



この残し方こそ明暗を分けるポイントで
俯瞰的に自分たちのしていることを把握し、何を前に持ってくるか見極めなければなりません。
株式会社桶屋が重点的にヒアリングするポイントもここです。
化石を発掘する様に丁寧に掘り下げます。
中小企業の技術力や発想力こそ宝であり、次世代に継がなくてはなりません。



老舗企業ブランディング
伝統工芸ブランディング
和ブランディング
日本の伝統ブランディング
伝統工芸ブランディング
ブランディング
老舗会社ブランディング
老舗リブランディング
和リブランディング

Copyright(c) All 株式会社桶屋. All rights reserved.