空間デザイン

空間デザインの考え方




空間デザインとはインテリアや施工をただすれば良いものではない。
聴こえてくる音楽やデュフューザーからのほのかな香り、流れる時間自体をデザインするものであると考えます。



コンセプトデザインから設計、施工、インテリア制作、インテリアコーディネート、ロゴ、紙媒体、空間写真まで
貫通させることで本当の統一された空間デザインが生まれます。



よくあるのが施工は出来るが空間ディレクション出来ない、グラフィックが出来ない。
グラフィックは出来るが設計施工は出来ない。設計施工、グラフィックも出来るがセンスが無い。
それではダメですね。全部が統一されてこそ1つの空間と言えると思います。



ご提案できる領域はとても広いです。



設計・施工はもちろんのこと、インテリア制作・コーディネート、音楽や香りなどのディレクション
CI設計、ロゴ、ホームページ、紙媒体、映像、写真。全てをトータルしてご提案できます。
全てがバランス良く調和して一つの空間が生まれます。



特に細かいぶれを無くすことが得意です。
一般的に施工はA社、インテリアはB社、ロゴはC社となると確実に空間コンセプトが一致しません。
色んな業者に頼むとちょっとずつズレてきます。



当社では全行程に携わっているので一切ぶれません。まずはお気軽にご相談ください。


ちらしびら

ちらしびら

お問い合わせから完成まで流れ。




いい発想やいいコミュニケーションはいい空間から生まれる。



一日中蛍光灯の下でオフィス机にパーテションで区切られた仕事場では良い企画や発想は生まれません。
空間が変わればスタッフの満足度も変わってくると思います。また素敵なオフィスには素敵な人が自然と集まってきます。お客様を招きするのに空間デザインを取り入れないのは、お客様に対しておもてなしが足りないのではないでしょうか。



大事な契約シーンでジャージで商談。チープな空間はそれと同じだと思います。
空間デザインは一つのマナーで何百万、何千万の、何億のビジネスの話をする場所こそ
きちんとデザインするべきだと捉えています。



また、展示会やイベント、ショールームは空間デザインが命です。
売上やブランド力にもろに影響します。



いくら商品が良くてもそれが伝わるも伝わらないも全てはそこで体験している空間によって変化します。
逆に空間デザインがきちんと施されていると、そこで感じる感覚や営業マンの発する言葉1つも変わってきます。



例えば家のショールームだったら、
クッションが2つ並べてあるだけの空虚感のあるリビングに生活感の無いキッチンスペース。二階には何部屋もあるのにベッドしか置いてない寂しい家族構成。そして家を売りたいオーラの営業マンがするする近寄ってくる。



ほぼこんなショールームですね。
だからこそキチンとすれば勝てる。



ショールームだからと言って手を抜いてはいけません。逆に1番デリケートになるべきです。
もっとインテリアに投資しましょう。ディスプレイは大切です。高いソファを買うということではありません。大切なことは組み合わせ。



あと大事なことがごっそり抜けています。
ショールーム内のグラフィック。ホームページや会社パンフは綺麗けどショールーム内のパウチや紙媒体が変。最後までデザインしなければダメです。高い買い物でチープさが垣間見えると価値が一気に下落します。



逆にこんな細かいところまで気を使ってるんだという印象になればクロージングも高くなります。お客さんは思った以上に敏感です。



だからこそ僕たちはショールーム内の細かなグラフィックからサイン、旗、看板、ホームページのデザインまで一貫して考えます。ディテールにまでデザインを。
新しく欲しい、リニューアルしたい、サーバー代が高い、部分的にデザインを変えたい、更新だけお願いしたい。等々、ホームページの悩みを解決します。迷わずお問い合わせ下さい。

Copyright(c) All 株式会社桶屋. All rights reserved.