経営戦略ブランディング

見た人のココロを動かすホームページ
サロン集客を考える


「おっ。何か良さそう。」まず感覚的に振り向かせる。



よく写真素材集から写真を買って作っているホームページがありますが、何か心に響かない。
リアルさが一切、無いのです。それどころかハリボテ感からコンテンツの真実味すら疑います。



また、綺麗に撮るという事ではなく、桶屋が大事にしていることは「アジ」を撮るということ。
人、もの、風景から滲み出るアジ。アジこそリアルな写真としての言葉なのです。



サロン集客を考える

サロン集客を考える

サロン集客を考える



綺麗な家の写真も勿論必要です。でもそればっかりだと何か物足りない。その家に住んでいるリアル、その家を建てている大工さんのリアルがアジとなって感覚に響きます。生活感を表現する事でこんな家に住みたい!大工さんが丁寧に家を組んでいる所を見るとこんな大工さんに建ててもらいたいってなります。そんな瞬間を写真で切り撮り、表現するのが、桶屋の写真です。



感覚的にいいなと思ってもらうと、自然とその下の文章も読んでもらえるんです。



ホームページは最強のツールだと思います。押し売りする事無く、あくまでもユーザーが能動的にアクセスしてくれ、自分の思いを綴るだけでその想いに共感してくれた人がコンタクトしてくれる。キチン表現すると無限に人のつながりが増え、ビジネスも広がり、最強のツールではないかと思います。



その為にもまず直感的に惹き寄せる写真はホームページにとって大事な要素だと考えています。
ハリボテのホームページか、温度の感じれるホームページか。まずはお気軽にご相談ください。


新しく欲しい、リニューアルしたい、サーバー代が高い、部分的にデザインを変えたい、更新だけお願いしたい。等々、ホームページの悩みを解決します。迷わずお問い合わせ下さい。

Copyright(c) All 株式会社桶屋. All rights reserved.