広告は一枚の写真で決まるデザインによって文化が生まれるデザインの本質活版印刷名刺瓶の撮影一貫したデザインデザインによって文化が生まれる
皇室御用達 昭和23年創業 前原光榮商店ブランドムービー完成。
→なぜ株式会社桶屋は「映像」を大切にするのか?
→企業CM制作のご相談はこちらから
株式会社アンドーホームページにココロを動かす仕掛けをします。工務店ブランディングなちゅらフーズブランディングレギューム別所ユウキいけだ税理士事務所辻野歯科医院
辻野歯科医院診察券レギュームショップカードすきやねん名刺ふくだ眼科クリニック株式会社アンドー富士山ロゴ飲食店フライヤー株式会社道下工務店美容室パンフレットいけだ税理士事務所株式会社桶屋株式会社アンドースタジオオケヤ株式会社桶屋株式会社桶屋株式会社桶屋
道下工務店写真撮影きーてらす写真撮影diokicco写真撮影別所ユウキ写真撮影トモニフラワー写真撮影ヒトニワ写真撮影帝塚山通天閣オーシャンプロデュースなかむら整形外科スパヒルズアジアンクー
デザインによって文化が生まれる


「桶屋のブランディングとは」



想いや製品をきちんと伝えること。
そして値打ちをこくこと。




これは商いの原点だと思います。



「価格競争に巻き込まれ、限界が見え始めている」
「良いものを作っているのに伝わらない」



この2つの悩みがとても多いように感じます。



精魂込めて作っているけど思うように売れない。
→売れないから価格を下げ、安売りしていく。
→原価は変わらず売上減。どんどん利益率が下がっていく。
→資金が減り、製品のクオリティが維持出来なくなる。
→評判が悪くなり、売れなくなっていく。



この悪のスパイラルは抜け出さないとずっと続きます。



桶屋のブランディングでは良い所を見つけ出し、その良い所にデザインを施します。



今までとこれからをじっくりとヒアリング→俯瞰的に良いところを抽出→見極め→デザインでわかりやすくアウトプット。そしてその良いところを知ってほしい人に届くようにプロモーション。



価値を見い出し、キチンとデザインを通して伝えることで、
「値打ち」を感じてもらえるようになり、「格」が出てきます。
今まで「価格ありき」で判断されていたものに少しづつ変化があらわるのです。



作っているものは同じでも伝え方ひとつで、感じる価値が変わります。
眠っている価値を呼び起こすのが桶屋のブランディングです。



わざわざ競合に価格勝負を挑みに行かなくても良いと思います。苦しみに必要が無い。
本当は価値があるのに「伝わっていない」というギャップを埋めましょう。
良いものを作っているという自信を持って下さい。




現在、2017年度のブランディング案件現在承っております。
まずはお気軽にご相談ください。



→詳しくはこちら

Copyright(c) All 株式会社桶屋. All rights reserved.